珠絹 -たまぎぬ-

希少で貴重、防腐剤不使用の安全で良質な国産シルクを皆様にお届けします

群馬県は、世界遺産に登録された富岡製糸場や、織都1300年を誇る桐生市の桐生織など、絹の生産に関して長い歴史を築いてきました。現在も、日本国内の繭の生産の40%を生産していると共に、日本に2つしか残っていない製糸工場の一つは群馬県にあり、生糸の60%を生産しています。上毛かるたの一節に「繭と生糸は日本一」とある通り、群馬県は日本一の絹の郷と言えます。群馬県の蚕糸業の歴史は1200年以上あり、明治5年(1872年)に明治政府が「富岡製糸場」を設置してからは日本の近代化、産業や科学技術の発展に大きく貢献してきました。

群馬県内の蚕の飼育と、高度な製糸の技術は高く、高級絹織物の原料となる「ぐんまシルク」を生みだしました。通常、繭から糸を引いて作る過程では、通常は非常に腐りやすくカビも生えやすいためホルマリンなどの防腐剤を使用していますが、ぐんまシルクの製糸工場では、独自の技術によりホルマリンや防腐剤を一切使用しない技術を確立しています。

しかし、そのような優れた絹を産出していながら国内で流通しているシルク製品は輸入品がほとんどです。その割合を見てみると、平成22年のデータでは重量ベースで見ると75%が服などに加工された状態で輸入されており、他にも絹織物や国内で縫製するシルク製品の原料となる生糸や絹糸(絹紡糸など)が輸入が輸入されています。国産の生糸はわずか0.5%でそれから作られる製品は非常に希少で貴重です。

「珠絹」で取り扱っている製品で使用しているシルクは、ぐんまシルクのなかでも節が少なく極めて白い群馬県で開発された群馬県オリジナルのブランドシルク「ぐんま200」を100%原料として使用し、その絹糸を用いて桐生市やその周辺地域で織りや編みなどの加工・仕上げを行い、出来上がった製品を桐生市より皆様にお届けしています。

「珠絹」ブランドは、原材料の生産から加工・販売まで一貫して群馬県内で行っている、名実ともに群馬県のオリジナルブランドです。

2種類のシルクプロテインの特性を生かしたお肌ケア


生絹の肌しずく
~「セリシン」の力で潤う~

練絹の肌きらめき
~「フィブロイン」で古い角質を落とす~

<2種類のシルクプロテイン「セリシンとフィブロイン」について>

シルクの基となる繭糸は、フィブロインとセリシンというたんぱく質からできています。2本のフィブロインを覆い包むようにセリシンが取り巻いて1本の糸状になっていて、フィブロインが70~80%、セリシンが20~30%の構成となっています。

通常皆さんの知っている光沢のある一般的な絹糸は、生糸からセリシンを精錬して取り除いた、フィブロインだけの状態の糸の事を言います。シルク独特の生地の艶やかさや光沢は、フィブロインの特徴です。

精錬せずにセリシンを残したままの生糸は、生のシルクということで「ロウシルク」と呼ばれています。ロウシルクはセリシンが残っているため、見た目は通常のシルクよりもクリーム色で、少しごわごわした感触ですが、それがセリシンの証です。

<生絹 ~セリシンの力~>

精錬せずにセリシンを残したままの生糸は生絹ともいいます。セリシンのアミノ酸組成は、自然界に存在する物質の中で人間の皮膚に一番組成が似ているため、非常にお肌に馴染みやすいと言われています。保湿成分として有名なコラーゲンとセリシンの保湿性を比較した場合、長時間に渡り保湿する力はセリシンの方が優れていることが分かっています。

更に、最近の研究で、セリシンには抗酸化作用とメラニン色素合成阻害作用を有することが確認されています。セリシン含有のボディタオルやミトンの使用時に水に湿らすと「ぬめり」を感じると思いまが、そのぬめりの正体が、まさにセリシンです。そのセリシンで顔や体を優しく撫でるように擦ることで、お肌のケアに役立ちます。

他方、セリシンには紫外線を吸収する性質があり、人体にもっとも有害とされている紫外線波長200~300ナノメートルの紫外線の透過率のみが急激に下がることが分かっています。

生絹製品については「生絹の肌しずく」をご覧ください

<練絹 ~フィブロインの力~>

一般的な「絹糸」は、生糸からセリシンを精錬して取り除いた、フィブロインだけの状態の糸の事を言い、練絹とも言われます。フィブロインは多孔質の異型断面で、光を乱反射させる特性があります。乱反射するということは、紫外線を含めた光を色々な方向へ反射させるため、紫外線を防ぐ特性があります。

また、多孔質の性質から通気性や透湿性が良好であるため、衣類やタオルとして使用する場合、お肌の温度・湿度を調整機能に優れた製品となります。更にフィブロインの特徴であるシルク独特の艶やかさや光沢が、着物やおしゃれ着の生地の美しさの源となっています。

フィブロインは極細の三角形の繊維からできていますが、内部には細かい隙間が多いため摩擦に弱く、繊維を擦ると表面が剥がれ、繊維がささくれます。ボディタオルやミトンとして使用する場合、そのささくれがお肌の不要な角質や毛穴の汚れに引っかかり、お肌に負担をかけることなく取りきます。

練絹製品については「練絹の肌きらめき」をご覧ください

※稀にシルクアレルギーの方がいらっしゃいます。肌荒れかゆみ、異常を感じましたら直ちにご使用を中止してください。また、医療機関での検査をおすすめいたします。